生活習慣に見る腰痛の原因

最も多い腰痛の原因

当院で見てきた腰痛の中でほとんどの患者さんに共通する原因が「座り方の問題」。足を組んだり、斜めに座ったり、丸まった背中など、偏った重心のかかり方は腰の大きな負担をかけます。

人の骨盤と背骨は立っている時が安定しやすい形状のため、座り方に気を付けないと関節や筋肉に負担がかかってしまいます。

骨盤は写真の様に、仙骨(真ん中の逆三角形)を両側の腸骨(左右対になっている骨)が挟み込み、上の背骨を支えています。両足に体重がかかることで、両側の腸骨が股関節から均等に押されて仙骨を挟む力になります。この状態が骨盤が安定しているといえます。

足を組んだり斜めに座ったりすると、この安定が崩れ、骨盤の関節を捻ってしまいます。それを長く繰り返すと軽い捻挫状態をつくり、関節炎による腰痛が出てきます。また、骨盤を安定させようと筋肉が働き、筋疲労を起こし腰回りの痛み、重だるさ、疲労感が出ます。

 

ヘルニアの問題も起こしやすくなる背中の丸まり

背骨は横から見るとS字状のカーブを描いています。ところが、背中が丸まった姿勢を続けている方は、このカーブが減り、背骨の関節に大きな負担をかかえてしまいます。特に腰の部分のカーブは前に反っているものですが、背中が丸くなると逆方向に背骨を曲げてしまう形なので、背骨の関節を痛めてしまい、腰痛の原因となります。

さらに、背骨には椎間板というクッションがあり、その中に髄核という水分を含んだボールがあります。背中が丸くなった状態が続くと、椎間板はつぶされ、中の髄核が飛び出てしまう“ヘルニア”という状態になってしまう恐れがあります。

 

習慣を直す事が大切

これらの姿勢からくる問題は一度で悪くなるわけではありません。同じ姿勢を繰り返す事で徐々に悪くなっていきます。症状が出る前に、姿勢を見直し、長時間の作業の時にはこのような姿勢にならないよう心掛けることが必要です。また、運動することでこの負担を軽減させることができます。作業中の合間に軽く立ち上がり、部屋を少し歩いてから作業に戻ったり、プライベートの時間にウォーキングや軽いジョギングなどで“立った状態で行う運動”を取り入れてみるのもケアになります。

その他のケア方法、自分の体は悪くなってないかの確認など、メンテナンスもお気軽にご相談下さい。

関連記事

PAGE TOP