交通事故のムチウチ

早期対応が改善のカギ

交通事故による症状は、他の症状と異なり特殊です。「画像上の問題はないけど症状が続いている」「時間がたっても良くならない」など、事故前は健康だったのに、いつまでも症状が残ってしまうほど大変なものです。

交通事故はとても大きな衝撃で痛める

車の重量は、軽自動車などでも1トン弱。大型のバンなどになれば2トンほどの重さです。そんな重さの鉄の塊がぶつかってくるので、たとえスピードが低くてもとてつもない衝撃が身体に加わるのです。身体が壊れるのも当たり前です。
また、症状が長引きやすいのは停車中などに後ろから追突されたケースです。停車中はぶつかってくる車を見ていませんので、身構えることができず無防備な状態ですので相当なダメージを受けます。

見た目も、画像検査も問題ないように見える

交通事故のムチウチなどの辛いところは、見た目上問題がなさそうに見えたり、画像検査には問題が無いように見えため症状がつらいのに周りに理解されづらいことです。しかし、上記に述べたように大変なダメージを受けていますので、放っておいてもなかなか良くならず、最悪の場合何年もその症状に悩まされてしまうことがあります。

改善に必要なのは刺激を加えるのではなく、ダメージを取りのぞいてあげること

他院からいらっしゃる方の多くが「揉んだり引っ張ったり施術を受けていたけど良くならない」といった形でご相談を受けます。交通事故の症状の場合は押したり引っ張ったりしても改善しにくいでしょう。あくまで身体に受けたダメージを取りのぞいてあげることが必要です。
例に挙げやすいのが、野球のピッチャーが投げ終わった後のアイシング。あれは投げ続けたことによってたまった疲労の熱(ダメージ)を冷やして取りのぞいているのです。逆にぐりぐり押したり暖めたりするとかえって回復が遅れてしまいます。
当院では交通事故の施術は慎重に行い、身体の負担を徹底的に減らし事故のダメージを取り除くことに徹しています。

長引いてる症状、当院にご相談下さい

早期改善が一番ですが、長引いている症状でも当院で良くなったケースがあります。他院で治療中でも、お気軽にご相談下さい。

事故後の一定期間は費用負担がありません

交通事故治療は「自賠責保険」が適応で、患者さんの治療費負担がありません。当院も自賠責保険が適応できます。
ただし、事故から時間がたっている場合は適応になりません。事故後は少しの症状でもきちんと医療機関を受診することをお勧めします。

PAGE TOP