腰痛・ヘルニア・坐骨神経痛

腰痛・ヘルニア・坐骨神経痛に共通すること

これらの症状に共通することは「症状は結果であり身体のどこかに問題が起きている」ということです。症状が長引いたり、繰り返してしまうのはその身体問題、もしくは生活習慣の問題が改善していないからです。

多くの場合、骨盤に問題

腰周囲の症状で骨盤が原因となるケースが多くあります。骨盤の関節に捻じれや油不足が起きてスムーズに動かなくなり、関節炎や周囲の筋疲労を起こして症状を引き起こします。

骨盤の捻じれが背骨や神経に影響

骨盤が捻じれた場合、その上の背骨は不安定になり傾き、ヘルニアなどの原因になることがあります。背骨の関節炎や背骨の捻じれ・傾きによる筋肉の負担も起こします。
また、骨盤は足への神経や血管が通過する場所でもあり、捻じれた骨盤が神経血管の通りを妨げて、神経症状を引き起こすことも考えられます。

改善させるには骨盤背骨の施術

原因が骨盤にある場合、その問題を解決しないとヘルニアや坐骨神経痛などの症状は続いてしまいます。当院では腰の症状に対し、骨盤の関節施術・背骨のローラー施術などを行い対応いたします。また慢性的な問題である場合、骨盤背骨周囲の筋肉・靭帯も硬くなってしまう場合もあります。その場合、関節だけでなく筋肉に対する施術も行います。

PAGE TOP